*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆様こんばんは、Yuyです。

CON(口南P)さんが、10月4日の19:17に永眠されたそうです。
正直、余りの突然のことに、いまだに信じがたい気持ちが勝っています。

CONさんには随分前からアルバムの製作時にはいろいろと手伝って貰っていて、今回のM3のアルバムにも2曲、手伝って貰っていたところでした。病状が病状だけにいつかはこういう日が来るのではないかと、薄々、思ってはいたのですが、余りに突然のことで、言葉にならないです。

最初に音楽を手伝ってもらったのは幻想の境界 - the Garden of phantasmagoria -ですが、もう5年も経つんだなと、懐かしくもあり、長い付き合いだったなと思います。



ちょこちょことマスタリングとかで微力ながらお手伝いさせていただいたことが、凄い懐かしいです。
凄い楽しかったというか、動画が伸びたときは、とても嬉しかったのを覚えています。



どの曲も良い曲なんですけど、私的には、One's hope を聴いたとき、凄い良い曲を描くなーと、凄いなと、思ったのを覚えています。これからも良い曲を書いていくんだろうなと思っていたところに、亡くなったことが本当に残念でなりません。

どうも長い間ありがとうございました。
天国に行っても、楽しく、音楽をやっていてください。

ご冥福をお祈りいたします。

ここ1ヶ月で4本程映画を見たので紹介しようかと思ったんですが、4本レビュー書くのはなかなかの苦行なので一本に絞っていこうと思います。

見た映画は
○シャークネード2
○DEAD POOL
○インディペンデンスデイ リサージェンス
○シン・ゴジラ

なんですが、今回は興奮冷めやらないシン・ゴジラを紹介しようと思います!
他の奴も悪くはなかったけど、シン・ゴジラと比べると霞んでみえてしまう程シン・ゴジラが良かったのです。
(見てる奴に偏りがあるですって?ヒューマンものは苦手なのです、申し訳ない。)

(若干ネタバレ要素あります。)

というわけでシン・ゴジラですが、まず何が凄いって、リアルさが凄いな、というところ。役所の中の意思決定プロセスとかどこで時間がとられるかとかそういったところが凄い「あーわかるわかるww」みたいな感じで、ほんと他人事とは思えなかったです。はい。
突然、未確認不明生物(だっけ?)が現れたに違いありません、とか言っても、何言ってんだこいつ、で終わるよねーと。非常事態はプロセスに時間がかかることのリスクというのも有るのかもしれないなと思いました。

次に、ゴジラね、ゴジラかっこよすぎです。エヴァの使徒っぽい雰囲気あったけど、口とか背中からビーム出したときはかっこよさに鳥肌ものでしたよ、あそこまでゴジラが神々しいものだとは思ってませんでした。

ところで、個人的にはヒューマンドラマがなく、淡々とゴジラとそれに対する国の人々の動きが描かれているのが見てて凄いストレスフリーでよかったです。ハリウッド版も前に見たけど、家族要素とか恋人要素そこで要るの?とかまじめに突っ込みたくなったし。
いやほんと、凄い映画です。

後、セリフの速さも他の映画と比べると1.5倍位の速さで喋ってるからちゃんと集中して聞かないと置いてかれるぞというかんじで、一瞬足りとも目が離せなかったです。この辺は流石庵野監督やなーと、関心しきりでした。

最後に、電車アタックね、あれめっちゃかっこよかった!しかも強いし!電車があそこまで平気として役に立った映画は他にないんじゃないかなーと思います(笑)

凄いなんかレビューにもなってない感想垂れ流しになってるけど、とりあえず少しでも興味をもったら映画館へGOですぞ。
いやほんと、映画館で見るべき映画ですよ。

と、そんなところで、良い夏休みライフをー。


あ、それと、秋M3に向けてデモを一曲公開しているので、興味ある方はこちらからどうぞ!

ではでは、また近々お会いしましょう!


皆様、お元気でしょうか、Yuyです。

前回のブログからもう2ヶ月経っていてもう少し定期的に書かないといかんなということで、これから少しずつ頻度を増やしていこうかと画策してます。
さて、2016秋M3の申し込みが完了したので、後は当落結果をお楽しみにするだけの状態となりました!

作品自体は実はもう仕上がりつつあったりするので、今回は余裕を持って頒布できると思います(フラグ

今回の作品のテーマはとある小説をイメージして曲を当ててみました!という感じですが、私にしては珍しい感じの曲がそろったなという感じなので、お楽しみにしていただければ幸いです!
もし、間に合うならもう一つ作品を作ってダブル頒布とかやってみたいところですけど、果たしてどうなるかは判りません。

ではでは、次は最近見た映画の話でも書こうと思います。


広島-宮島旅行の2日目は宮島の弥山に登ってきました。

18.jpg
ということで写真を色々撮ってきたのですが、自然って良いものなんですねぇ(何

19.jpg
野生の鹿が普通に多くて、驚きました。

20.jpg
良い景色!

23.jpg
ロープーウェイから撮った景色です。まさに絶景。

24.jpg
山の頂上の展望台があったのでそこから撮った写真。
正直足元を見るのが怖かったです(高所恐怖症
景色自体は凄くよかったです。いやほんと。

29.jpg
山の中にある神社、ロープウェイの駅から更に15分程かかるところにあったのですが、昔の人はここまで来ていたんだなぁ、と思うと昔の人すげぇな、という感想しか出てきませんでした←
因みにこのときは既に足が疲労感満載で、果たして無事に下山できるのだろうかと凄く不安になっていました^q^
いやぁ、運動大事ですよね、いやほんと・・・。

31.jpg
ここがかの有名な五重塔です!小説にもなってますよね!(それ位しか知らない
実際、塔でしたね。

35.jpg
昼に厳島神社に行って着ました。夜は中に入れなかったので、昼に行ったのですが、滅茶苦茶人が多かったです。やはり海外の方とかも凄く多くて、世界的に有名なんだなと思わされました。因みに景色はかなり良かったです。

40.jpg
水上の神社、というのはやはりどことなく神聖さを感じさせますね。昔はここで儀式とかやっていたのだろうかと思うと胸が熱くなります。

厳島神社の後は、広島市内をブラブラして空港でお好み焼きを食べて東京に帰りました。
旅行ってやっぱり良いものですねー。隙をみてまたちょくちょく色々いってみたいと思います。

それでは、次は多分M3のお知らせです。ではではーー。

今年は旅行を色々行こうと思っていて、函館にも行ってきたのですが、一人旅、一泊二日で広島-宮島へも行ってきました!
今回はぶらり旅というか広島-宮島の様子でも書こうと思います。

広島空港に着くとそこから広島市街地へ行く必要があるのですが、リムジンバスが高速道路の渋滞によって動いていなかったので電車で行くことにしました。

02.jpg
白市駅です。
見渡す限り田んぼと自然があり、空気がとても綺麗でした。いやぁ、たまには自然にも触れたほうが良いですね、ほんと。因みに電車は15分間隔で動いていたのでそこはほっとしました。北海道へ行ったときとかは1時間に一本とか経験したので、それに比べれば大分優しく思えますね。


広島市に着いたので早速名物の広島風お好み焼きを食べに行きました。
駅前にお好み焼きセンターというのがあって、お好み焼きの店が7店舗位営業してました。観光で来る人にとっては非常に助かりますね。

03o.jpg
そんわけで、チーズがやばいトッピングの広島風お好み焼きを頂きました。
めっちゃ美味い(確信
カロリーめっちゃ高そうだけど気にしない!(駄
これでハイボールを飲んだら最高だなと思いつつ、まだ昼だったので自粛。。。
広島風お好み焼きを食べた後、函館城へ向かいました。

06.jpg
広島護国神社にたどり着きました。おみくじをやったのですが、小吉でした。可もなく不可もなくといったところですね!
金運は、損をすることもあれば得をすることもある、となっていました。村上春樹的に言えば、そうかもしれないし、違うかもしれない。それだけのことなんだよ、って感じですね。

07.jpg
広島城の一番上から撮った写真です。広島城は確かに高いんだけど、ビルに比べると流石に厳しい感じでした。中には刀剣とか鎧とかが展示してあって、刀剣が好きな人には良いんじゃないかと思いました。

08.jpg
原爆ドームへ向かい、歩いていたのですが、ここで道を普通に間違えて1時間位うろうろしていました。
地図があっても、迷うときは迷いますよね^q^

10.jpg
原爆ドームです。なんというか、ここはやはり歴史を感じました。厳かなというか、神聖な歴史の重みを感じました。

12.jpg
宿の店で広島の地酒を頂きました。めっちゃ美味いです。きっと広島は良い水が沸くんだろうなぁとか思いながら、アナゴとカキと共に堪能していました。ヒィ、こりゃ美味しい。

13.jpg
酒と料理を堪能した後は、夜の厳島神社へ出発。

17.jpg
見事にライトアップされています。
ベンチがあったので、そこで軽く酔いながら30分程ボーっとしていたのですが、波の音と鈴虫?の音が交互に聞こえて、目の前にこの景色が広がっているという状態で、俗世を忘れました。
このときばかりは、音楽とかやらず、ずっと旅行するのも悪くない気がしていました(ぇ
厳島神社が水の上にあるのは、宮島が神聖な場所と考えられていて島に建てるのは恐れ多いので水上に建てた、という逸話があるみたいです。
神社も凄く神聖な雰囲気というか、俗世とは一線を期す何かにつつまれていて、感動しました。

(2日目へ続く?)


Yuy

Author:Yuy
同人音楽の辺りで活動しているYuyのブログです。新譜の情報やなんとなく思ったこと等を書いていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。