*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

秋のM3も終わり、次は何をやろうかと今考えております。みなさん、こんにちは。Yuyです。

例大祭と春のM3に向けてそれぞれCDを一枚ずつ出せたらと思うのですが、なかなか気合入れていかないとやばそうなのでどうしようか悩んでおります。

さて、幻想の境界 - the Garden of Phantasmagoria -について凄い今更ですけど解説を書かせて頂ければと思います。

多分、今更説明も不要なのかなと思うんですが、これはある作品を基にしたオマージュ的なアルバムとなっています。仮想劇場版アニメサントラと銘打って作られた本作ですが、この作品はサントラの様式を踏まえて作成しています。

・1つのテーマが形を変えて複数回出現する。(これは人によっては当てはまらない方もいるかと思います。)

このアルバムについてはネクロファンタジアと素敵な墓場で暮らしましょがそれぞれ3回ほど出てきていますが、即ち、このアルバムのメインテーマとなっています。これはアルバムの背景とも関わるところですが、曲名の流れからどういうキャラがどういうことをやっているのか、なんとなく想像が出来るかとは思いますので、もし、時間があれば推察していただければと思います。ちなみに、Reencounterのところが、ラスボスと遭遇し、一番盛り上がる戦闘シーンのようなイメージです。

また、BGMとしてさらっと聞けるようにするために余り1曲の中では展開させないようにしています。この辺りが、インストとBGMの大きな相違点なのかなと思ったりしています。主張の度合いは異なっています。

造語については今回、初めての試みでしたが私的には満足いくレベルまではもっていけたと思っています。造語について特に意味はありません、強いて言うなら意味の無いことが意味なのかなと(ぇ
全く意味の知らない言葉を聞いたとき、その発音だけを捕えるようになる状態になると同時に、シニフィアンが創造されるという現象が発生しうるのかなと思ったりしました。

解説だかなんだか良くわからないことを書いてしまいましたが、このアルバムについては非常に思い入れが強かったので無事に完成できたことを嬉しく思っています。

それでは、また後日。

スポンサーサイト

Yuy

Author:Yuy
同人音楽の辺りで活動しているYuyのブログです。新譜の情報やなんとなく思ったこと等を書いていきます。