*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


皆様こんばんは、Yuyです。M3が終わって早くも2週間経ってしまいましたが、買ったCDはちゃんと聴けてますか?(何
私はとりあえず一通り聴けました!どのアルバムもそれぞれ作ってる人が浮かんでくるなーという感じのものが多くて、聴いていて楽しい感じでした。特に好きな奴は後ほどレビューしようかななんて思ったりします。

今回は、春M3に出した「シンギュラリティ」のセルフレビューをします。
どこに需要があるのか不明ですが、自分の備忘録的に書こうと思いますー。




1. I

「I」というのは「私」という意味ですが、今回のシンギュラリティの世界は「機械」が自分の意思を持つ、ということがこの世界の一つの設定になってます。このアルバム、過去の例に漏れずある本をテーマにして作られているのですが、今回は「アイの物語」というSF小説を基に作っています。(他にもちょこちょこ参考にした作品はあったりするのですが)
この作品の中では、人工知能の技術が発達して、技術的特異点を迎えた世界が描かれているのですが、この曲は、その中での機械の少女の感情や想いといったものを表現しようとしたものとなっています。
人に対する想いとか、自分がどう「在りたいか」みたいなところを感じてもらえればな、なんて思ったりします。
因みに、私が作る曲でthetaさんが歌って頂くことになったのはこれが最初の曲で、アルバムのテーマ曲的な位置づけでもあり、色々と感慨深い曲です。

2. Kaleidescape

万華鏡、この世界においては、技術が日進月歩で進むため、常識がいとも簡単に覆される。そんなところで、なんとなくアナログの要素と未来的な要素が共存する、みたいなイメージをして作りました。自分でも何を書いてるのか謎ですが、そんなイメージ。

3. 聖櫃のPRDS

人工知能が出てくる話だと永遠性、というものが一つのキーとなることが多いのかな、なんて思ったりしますが、この曲は永遠性における「在り方」をテーマにしたお話が描かれています。(あってますかね?AKIRAさん
ラスト・ラバーズに収録されている「lettel」と実はつながっているところがあるという裏設定があったりするみたいです。凄い偶然にもそのときにもかづきんさんに歌っていただいたのですが、なんというか不思議な縁を感じますね。
この曲、語彙が解らないとなかなか解読が難しい気がするので、一部載せさせて頂こうかなと思います。これを基に皆様も解読してみようぜ!(何

・"etih, si a."(エティシァ)
・"ur etih, si a."(ゥレティシァ)
意味は「愛して」「愛してる」

・胡蝶(こちょう)
-古代ギリシャ語でプシューケーは心・魂・蝶を意味する。キリスト教で蝶は復活の象徴。

・秘蹟(ひせき)
-キリストによって定められた神の恩恵に預かる儀式。洗礼・堅信・聖体・ゆるし・病者の塗油・叙階・婚姻の七つ。サクラメント。

・異言(いげん)
-普通と違う珍しい言葉。その人の態度や事実と、言う事とが違う事。キリスト教で、聖霊を受けて宗教的恍惚境に陥った人が語る一般の人には理解しがたい言葉、現象。

・福音(ふくいん)
-喜びを伝える知らせ。良い便り。イエス=キリストによって齎された人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。
また、福音書に記されているキリストの生涯と教え。

4. Blackhole diver

ブラックホール・ダイバーをイメージした曲です。「定期的に観測したデータを発信する以外に誰かと接触する事は殆ど無く、これまで会ってきた多くは「ブラックホールの先の別世界に希望を見出し」ブラックホールに身を投げる狂信者や自殺志願者達だった。そんな中、シリンクルと名乗る少女がステーション・イリアンソスへやって来る。「ブラックホールへ飛び込む為」という目的はこれまでの人々と一緒だが、彼女は彼らとは何かが違ったようだ。」(ニコニコ大百科より抜粋)

5. あなたのための物語

タイトルを見ると、長谷さんの小説か!と思われる方も少なからずいらっしゃったと思うのですが、実はタイトルと内容は余り関係なかったりします。この曲は「詩音が来た日」というストーリーを見て、いたく感動した私が、これをテーマにして作ろう!と思い立って出来た曲になります。個人的に、アイの物語ではトップを争うほど好きなお話で、是非、皆様も読んで欲しいです。曲自体は凄く優しい感じのバラードを目指して作ったのですが、聴いていて落ち着いて聴ける感じになったのかな、と思います。私も詩音のようなロボットに介護されてみたいっすね(ぇ

6. 楽園/あとり Lyric カヲル

このアルバムの中ではなかなか異色な曲となっています、唯一のロックポップナンバーです。これは端的にバトルものをイメージしていて、そのOPテーマ的な感じで作ってます。元々はニ○ロで流れるような奴を作ろうぜ!みたいなノリで書いた曲ですが、作っていて凄い楽しかったのを覚えています。オカルティックナインやカオスチャイルドとか、アニメのみならずゲームも色々好きな奴が多いのですが、割とその辺りのOPを参考にして作りました。
ギターは烏丸さんにお願いしましたが、期待通り良い感じに弾いてくれました。また、あとりさんもサビのところの連打とかなんなく歌いこなしてくれて、非常に助かりました。なかなか歌うの難しいですこの曲。

7. Seven

古くからSecret Messengerのアルバムを集めてらっしゃるという奇特な方はお気づきだと思いますが、この曲はサークル初期のアルバム「リフレインシンドローム」に収録した曲のリマスタリング版になります。今回、アルバムを作っていてテーマ性が凄いあっていたので、再収録してみました。アイの物語の中の「アイの物語」の中でのクライマックスとかで流れるようなイメージです。

8. かけがえのないもの

アイの物語の中の「アイの物語」でのアイの心境をイメージして書きました。(ややこしい
アイビスが人類に対してどのような感情を持っているかは人にはおそらく理解できないことなんだと思いますが、ヒトの言語に落とし込んだときに、多分こんな感じになるんじゃないかなー、と思って書きました。この辺り結構なネタバレなので書けないのですが、アイビスの心境って結構複雑なんじゃないかなー、なんて思ったり。
沙羅さんは相変わらず流石という他無いかんじで、歌っていただき、今回も、ありがとうございました。




全体的にアルバムの解説というよりは「アイの物語」の解説になっているような気がしなくもないですが、とりあえずこんな感じです。もし、この曲を聴いて、興味を持った方は是非読んでもらえればなーなんて思ったりします。次もまた、お気に入りの本を基に作ろうかなーなんて思ってたりするので、どうぞお楽しみにー。

ではでは、皆様、良い音楽ライフを




スポンサーサイト

どうもM3に参加された皆様、昨日はお疲れ様でした。今回は、スペースから出歩けたこともあって、挨拶に周れたので良かったです(すれ違ったり私が気づかずスルーしてしまったところもありましたが(汗。
久しぶりに会ってみても、やはり変わってないなーというところで、なんとなく安心感がありました(中には凄いスマートになってた人も居たので、私も運動しなくてはという危機感を抱きました・・・

さて、当日のスペースの様子はこんな感じでした。

C-n4G77UQAA1PDY.jpg

島中ということもありましたが、通路が混み合って動けないみたいなことはなく、一日通して比較的まったりしていたかな、という感じでした。スペースに来てくださった方を見ると、前も来て頂いたような気がする方が結構いらっしゃって、また、応援の言葉も頂けて、とても嬉しかったです。イベントに出ると製作に対するモチベーションを貰えるというか、やってよかったなと思えるのがやっぱり良いですね。

今回の新譜も楽しみにしてくださった方が少なからず居るんだなーと思いつつ、次も期待に答えられるような、より尖ったものを作っていければなんて思いました。次はもっと独自性を追求してみたいなーなんて思ったり。

そうえいば、凄い驚いたことがあって、今回のアルバムのジャケットの絵師さんがなんとスペースにお越しくださり、初めてお遭いしたということがありました。メカニック・ロンドからちょくちょくジャケットの依頼をさせて頂いているのですが、本物だー!、とテンション上がって若干挙動不審になってました。
後、歌で関わった方もちょくちょくお遭い出来たりして、色々楽しかったです。因みに、みなさんちゃんと差し入れというか、お菓子をお持ちになってくるの流石だなと思いました。私も今度から何か差し入れ用意しようかなと思いました(今更

ぶらりとスペースを周って、今回、参加作品等含めて、戦利品はこんな感じになりました。

C-qegK0UIAAd020.jpg


これから、じっくりと聞いていこうと思います。何せ私は9連休なので、何せ私は9連休なので(何

それでは、皆様、ゆっくりとCDをお楽しみ頂ければ幸いですー。ではでは。



2週間で更新すると言いつつ、なんだかんだ1ヶ月空いてしまっていたので反省がてら書くことにしました、Yuyです。

3月はM3アルバムの詰めをしつつ、リアル仕事に追われまくっていて、あっという間に終わりそうな感じになってます。いやぁ、ほんと時間経つの早くて恐ろしいですね(遠い目

しかし、仕事が忙しい時ほど「けものフレンズ」が心に沁みるのですが、なかなかヤバイ感じなのかもしれないっす。仕事に疲れてる人がはまるんじゃないの?と友達に言われたりもしたのですが、見てて普通に面白いからそれでいいんじゃー、という主張を展開したところです。はい。
11話はちょっと衝撃でしたね・・・、今後果たしてどう展開するのかがすごい気になって夜も眠れません・・・←

映画は最近は見れてないんですが、今気になってるのは、「ひるね姫」「SAO劇場版」です。これは映画館で観たいなー、観れるかなー、時間的に不安だな(汗

とりあえずあんまり面白いことが書けないので、今度はアルバムの事についてぼちぼち書こうと思います!

ではではー。

どうもー、Yuyです。
最近はけものフレンズに凄いはまってしまいまして、職場で「君は書類を作るのが得意なフレンズなんだね!」と言いたくてうずうずしています←
仕事終わりに観るの最高ですねあのアニメ。

M3のアルバムは曲は大体出揃ったので、後は細かいところを詰めていくような状態になっています。8-9曲の収録数で、歌が今回は5曲になると思います。一部、昔の曲を引っ張ってきたりとか、リバイバル的な感じで収録されてる曲もあると思うので、お楽しみにであります。メカニック・ロンドより前のアルバムから引っ張ってくる予定です。所謂リマスタリング的な感じですな。

もうアルバムが10枚超えてるので、一回ベスト版的なものを作ってみたくもあるのですが、そもそも需要があるのか不安なので、ほんとに総決算のときにでも作ろうかと思いますw(いつになるやら




○虐殺器官観て来ました。評判は二分されてるみたいですが個人的には結構好きでした。原作のテーマを外さずに上手く作品として昇華できていたのでは無いかと思います。後、音量バランスも良かったですね(これは劇場によるか
しかし、ファムファタールは罪深いですねほんと、あの未亡人のお陰で人類が絶滅しかけたと思うと凄いなファムファタール(ぇ

○FGO新宿編、良かったです。FGOは5章以降はほんと面白いので、ゲームとして安心してプレイ出来ますね。いやほんと4章までは修行僧ばりに無心でプレイしてた記憶しかないですが。。。因みに新宿のアーチャーさんとなぜかジャックをお迎え出来たので、絶賛育成中です。DAWから曲を書き出す合間とかに操作してたりしますw

○本を結構積んでいるのでぼちぼちと消化していきたいところですね。因みに村上春樹の小説はまだ買ってません。BOOKOFFに出てくるのを虎視眈々と狙っています←
読んだ人が居たら感想を聞いてみたいところです。




そんなこんなでまた2週間後位にではではー

大変長らくご無沙汰しております、Yuyです。

今更ながらのお知らせではありますが、Secret Messenger、無事に2017年春M3にスペースを貰えることとなりました。

第二展示場1F お-11b とのことです。
うちのサークル、第二展に縁があるような気がしてなりませんが、何か不思議なものを感じます(笑)

現在、春M3に向けてなんとか間に合わせるべく製作を進めていますので、是非ぜひ、完成したら手にとって貰えると有難いです!
マクロスF風にいうと、間に合うかな、間に合うと良いなぁーあーーという感じです(判りづらい



<近況とか>
○最近は元旦にFGOのアニメを見たせいで私の中で再熱したのと、FEHにちょっとはまってしまっているというのとで、中々誘惑が多く、思うように作曲が進んでいない現状です←

○映画が昨年度凄い豊作だったので、今年も当たり年だと良いなぁといいつつまだ一本も見れてないので、近々何か観ようかと思ってます。ポッピンQとか虐殺器官かなー、個人的に気になってるのは。

○「象られた力」を読了したのですが、久々に良いSFにめぐり合いました。やはりこう、熱量が大事ですよねSFは、読者をひきつけて話さないような力が無いと、読んでるほうは眠くなってしまいますし。

○オカルティックナインめっちゃ良かったっす。1クールだったのが勿体無いかなという感じはした。




日記が大分更新断絶してしまっていたので、これからは2週に一回位のペースで更新していきたいなーと思います。習慣が大事ですよこういうのは。ではではー。

Yuy

Author:Yuy
同人音楽の辺りで活動しているYuyのブログです。新譜の情報やなんとなく思ったこと等を書いていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。