*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

どうもご無沙汰しております、Yuyです。
ブログが更新の頻度のあまりの少なさに廃墟と化してしまっていて申し訳ありませんm( )m
皆様、夏休みは如何お過ごしでしょうか。私は今週、友達と四国ー淡路島を中心に徳島、香川を周ってきました。
なぜ四国かというと、まだ一回も行ったことが無かったので、一回位行ってみよう、ということで思いついて、という感じです。

ということで今回は旅のことについてつらつら書いてみようと思います。

IMG_0989.jpg
<徳島空港>

徳島空港はあること自体は知っていたのですが、正確には、徳島阿波踊り空港、ということで、阿波踊りがつくんですね。なかなか珍しい空港名だなと、こんな風に名前が着いてるほかの空港ってあるんでしょうか?ということで到着。
因みに気温は35度といってました、暑かったですね・・・。東京もそんなに変わらないけど。
そこからホテルへレンタカーで向かうと・・・

IMG_0995.jpg

今回、淡路島にある旅館に泊まったんですが、公園の中にある旅館ということで、周りが凄い自然があり、海も近く、絶景でした。仕事とか作曲も建物のなかではなく、こういう場所で出来ればねーとか思ったりしました←
因みに、橋は車が通ってるんですけど、その下が歩行スペースがあって、直にうずしおが見られるという場所があったので、歩いていきました。

IMG_0996.jpg

ガラスの上から真下を見たんですが、思いのほか結構怖く、ガラスの上に乗るのもかなりビビッてしまいました笑
いやぁ、なかなか高いんですよ、いやほんと・・・。エアーズロックとかにもこういうのがあるみたいですが、正直、自分は歩けそうにないです!

IMG_1006.jpg

こちら、鳴門の渦潮で、潮流の関係でこのように渦をまく時間帯があるということで、船に乗ってみてきました。
自然の中にもこういう不思議なところが垣間見えると、観ていてわくわくしますね。因みに、潮の流れはかなり早そうでした。

IMG_1015.jpg

せっかく四国に来たということで、香川県がうどんの名産だとは前々から知っていたので、ガイドブックを頼りに有名な店「おか泉」さんに行ってきました。うどんというと、硬いのとこしがあるの違い、というところで議論になることがあるかと思いますが(無いですかね)、実際食べてみると、確かに違うなという気がしました。なんというか、食べた当初はつるっと食べられるんですが、一方でこしがあって、食べ応えがあるということで、柔らかさと硬さのハーモニーみたいな感じ(謎 がありました。やっぱり本場は違うなということを改めて思った次第です。硬いだけがこしではないのですな!そして、一瞬で完食。

IMG_1016.jpg

IMG_1017.jpg

徳島といえば、有名なのが「祖谷のかずら橋」、こちら、野生のシラクチカズラで編んだ吊橋で、日本三奇橋の一つで3年に一度かけ替える。約800年前に源平の戦いに敗れた平家一族が、剣山、平家の馬場での訓練に通うため架けられたと言われる。(ガイドブックより
うどんを食べた後、車で大体3時間位かけてたどり着きました。正直、秘境としか言いようが無い場所でした笑
かずら橋自体は、敵が来たときにすぐ橋を落とせるように、という思想のもと作られているようですが、ここを実際にわたれるということで、わたってきました。
・・・・・・めっちゃ怖かったです。何が怖いって、上の二枚目の写真を見てもらえればと思うんですが、橋のところ、普通に隙間が空いるんですね。大体15センチ位のすきまだったと思うんですが、確かに冷静になると15センチの隙間なら落ちないよなとか思えるんですが、わたってるときは、もろに下が見える(大体40m位あったような ので、これが怖い怖い。で、右と左に手すりがあるんですが、この手すりが、ゆれるんですよね、手すりって揺れるんかいーとか思いながら、必死になんとか渡り切りました。渡りきった後、謎の達成感が有りました。



夜は眉山へ
こちら、徳島で有名な夜景スポットということで、折角だし行ってみるかーということで行って来ました。
やはり夜景は良いもので、中にいると綺麗とか全く思わない街が、上から見ると凄い綺麗に見えるという、まぁなんというかそういうものですね(何

IMG_1031.jpg

で、なぜかそこで遭遇したのがこの方たち。

IMG_1023.jpg
IMG_1025.jpg

確かに徳島といえば、アニメとコラボしてるなーとかなんとなく知ってましたが、まさかこんなところにいるとは、ということで意外な遭遇でした。お前ら聖杯戦争やらずに踊ってて大丈夫なんかという突っ込みはしないことに・・・

IMG_1039.jpg

ありがたやー、ありがたやー、まさかこんなところで式さんにお目にかかれるとは、ありがたやー(土下座
※私、空の境界については小説から限定版DVD、特製プレート画集等全てコンプリートしているので、正直運命を感じました。

と、そんなこんなで、かなり色々充実した旅行をしてきました。
今日は日曜日ということで、若干旅疲れもあるので、ゆっくりしたいと思います。

また、シルバーウィークとかどこかでぶらりと旅行に行きたいですね!
旅行は行けるうちにどんどん行ったほうが良いと思います!

ではではー。

スポンサーサイト

皆様こんばんは、Yuyです。M3が終わって早くも2週間経ってしまいましたが、買ったCDはちゃんと聴けてますか?(何
私はとりあえず一通り聴けました!どのアルバムもそれぞれ作ってる人が浮かんでくるなーという感じのものが多くて、聴いていて楽しい感じでした。特に好きな奴は後ほどレビューしようかななんて思ったりします。

今回は、春M3に出した「シンギュラリティ」のセルフレビューをします。
どこに需要があるのか不明ですが、自分の備忘録的に書こうと思いますー。




1. I

「I」というのは「私」という意味ですが、今回のシンギュラリティの世界は「機械」が自分の意思を持つ、ということがこの世界の一つの設定になってます。このアルバム、過去の例に漏れずある本をテーマにして作られているのですが、今回は「アイの物語」というSF小説を基に作っています。(他にもちょこちょこ参考にした作品はあったりするのですが)
この作品の中では、人工知能の技術が発達して、技術的特異点を迎えた世界が描かれているのですが、この曲は、その中での機械の少女の感情や想いといったものを表現しようとしたものとなっています。
人に対する想いとか、自分がどう「在りたいか」みたいなところを感じてもらえればな、なんて思ったりします。
因みに、私が作る曲でthetaさんが歌って頂くことになったのはこれが最初の曲で、アルバムのテーマ曲的な位置づけでもあり、色々と感慨深い曲です。

2. Kaleidescape

万華鏡、この世界においては、技術が日進月歩で進むため、常識がいとも簡単に覆される。そんなところで、なんとなくアナログの要素と未来的な要素が共存する、みたいなイメージをして作りました。自分でも何を書いてるのか謎ですが、そんなイメージ。

3. 聖櫃のPRDS

人工知能が出てくる話だと永遠性、というものが一つのキーとなることが多いのかな、なんて思ったりしますが、この曲は永遠性における「在り方」をテーマにしたお話が描かれています。(あってますかね?AKIRAさん
ラスト・ラバーズに収録されている「lettel」と実はつながっているところがあるという裏設定があったりするみたいです。凄い偶然にもそのときにもかづきんさんに歌っていただいたのですが、なんというか不思議な縁を感じますね。
この曲、語彙が解らないとなかなか解読が難しい気がするので、一部載せさせて頂こうかなと思います。これを基に皆様も解読してみようぜ!(何

・"etih, si a."(エティシァ)
・"ur etih, si a."(ゥレティシァ)
意味は「愛して」「愛してる」

・胡蝶(こちょう)
-古代ギリシャ語でプシューケーは心・魂・蝶を意味する。キリスト教で蝶は復活の象徴。

・秘蹟(ひせき)
-キリストによって定められた神の恩恵に預かる儀式。洗礼・堅信・聖体・ゆるし・病者の塗油・叙階・婚姻の七つ。サクラメント。

・異言(いげん)
-普通と違う珍しい言葉。その人の態度や事実と、言う事とが違う事。キリスト教で、聖霊を受けて宗教的恍惚境に陥った人が語る一般の人には理解しがたい言葉、現象。

・福音(ふくいん)
-喜びを伝える知らせ。良い便り。イエス=キリストによって齎された人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。
また、福音書に記されているキリストの生涯と教え。

4. Blackhole diver

ブラックホール・ダイバーをイメージした曲です。「定期的に観測したデータを発信する以外に誰かと接触する事は殆ど無く、これまで会ってきた多くは「ブラックホールの先の別世界に希望を見出し」ブラックホールに身を投げる狂信者や自殺志願者達だった。そんな中、シリンクルと名乗る少女がステーション・イリアンソスへやって来る。「ブラックホールへ飛び込む為」という目的はこれまでの人々と一緒だが、彼女は彼らとは何かが違ったようだ。」(ニコニコ大百科より抜粋)

5. あなたのための物語

タイトルを見ると、長谷さんの小説か!と思われる方も少なからずいらっしゃったと思うのですが、実はタイトルと内容は余り関係なかったりします。この曲は「詩音が来た日」というストーリーを見て、いたく感動した私が、これをテーマにして作ろう!と思い立って出来た曲になります。個人的に、アイの物語ではトップを争うほど好きなお話で、是非、皆様も読んで欲しいです。曲自体は凄く優しい感じのバラードを目指して作ったのですが、聴いていて落ち着いて聴ける感じになったのかな、と思います。私も詩音のようなロボットに介護されてみたいっすね(ぇ

6. 楽園/あとり Lyric カヲル

このアルバムの中ではなかなか異色な曲となっています、唯一のロックポップナンバーです。これは端的にバトルものをイメージしていて、そのOPテーマ的な感じで作ってます。元々はニ○ロで流れるような奴を作ろうぜ!みたいなノリで書いた曲ですが、作っていて凄い楽しかったのを覚えています。オカルティックナインやカオスチャイルドとか、アニメのみならずゲームも色々好きな奴が多いのですが、割とその辺りのOPを参考にして作りました。
ギターは烏丸さんにお願いしましたが、期待通り良い感じに弾いてくれました。また、あとりさんもサビのところの連打とかなんなく歌いこなしてくれて、非常に助かりました。なかなか歌うの難しいですこの曲。

7. Seven

古くからSecret Messengerのアルバムを集めてらっしゃるという奇特な方はお気づきだと思いますが、この曲はサークル初期のアルバム「リフレインシンドローム」に収録した曲のリマスタリング版になります。今回、アルバムを作っていてテーマ性が凄いあっていたので、再収録してみました。アイの物語の中の「アイの物語」の中でのクライマックスとかで流れるようなイメージです。

8. かけがえのないもの

アイの物語の中の「アイの物語」でのアイの心境をイメージして書きました。(ややこしい
アイビスが人類に対してどのような感情を持っているかは人にはおそらく理解できないことなんだと思いますが、ヒトの言語に落とし込んだときに、多分こんな感じになるんじゃないかなー、と思って書きました。この辺り結構なネタバレなので書けないのですが、アイビスの心境って結構複雑なんじゃないかなー、なんて思ったり。
沙羅さんは相変わらず流石という他無いかんじで、歌っていただき、今回も、ありがとうございました。




全体的にアルバムの解説というよりは「アイの物語」の解説になっているような気がしなくもないですが、とりあえずこんな感じです。もし、この曲を聴いて、興味を持った方は是非読んでもらえればなーなんて思ったりします。次もまた、お気に入りの本を基に作ろうかなーなんて思ってたりするので、どうぞお楽しみにー。

ではでは、皆様、良い音楽ライフを




どうもM3に参加された皆様、昨日はお疲れ様でした。今回は、スペースから出歩けたこともあって、挨拶に周れたので良かったです(すれ違ったり私が気づかずスルーしてしまったところもありましたが(汗。
久しぶりに会ってみても、やはり変わってないなーというところで、なんとなく安心感がありました(中には凄いスマートになってた人も居たので、私も運動しなくてはという危機感を抱きました・・・

さて、当日のスペースの様子はこんな感じでした。

C-n4G77UQAA1PDY.jpg

島中ということもありましたが、通路が混み合って動けないみたいなことはなく、一日通して比較的まったりしていたかな、という感じでした。スペースに来てくださった方を見ると、前も来て頂いたような気がする方が結構いらっしゃって、また、応援の言葉も頂けて、とても嬉しかったです。イベントに出ると製作に対するモチベーションを貰えるというか、やってよかったなと思えるのがやっぱり良いですね。

今回の新譜も楽しみにしてくださった方が少なからず居るんだなーと思いつつ、次も期待に答えられるような、より尖ったものを作っていければなんて思いました。次はもっと独自性を追求してみたいなーなんて思ったり。

そうえいば、凄い驚いたことがあって、今回のアルバムのジャケットの絵師さんがなんとスペースにお越しくださり、初めてお遭いしたということがありました。メカニック・ロンドからちょくちょくジャケットの依頼をさせて頂いているのですが、本物だー!、とテンション上がって若干挙動不審になってました。
後、歌で関わった方もちょくちょくお遭い出来たりして、色々楽しかったです。因みに、みなさんちゃんと差し入れというか、お菓子をお持ちになってくるの流石だなと思いました。私も今度から何か差し入れ用意しようかなと思いました(今更

ぶらりとスペースを周って、今回、参加作品等含めて、戦利品はこんな感じになりました。

C-qegK0UIAAd020.jpg


これから、じっくりと聞いていこうと思います。何せ私は9連休なので、何せ私は9連休なので(何

それでは、皆様、ゆっくりとCDをお楽しみ頂ければ幸いですー。ではでは。



皆様、調子は如何でしょうか、Yuyです。
二週間に1回更新しようと思っていたところ、いつの間にか1ヶ月経とうとしていました。何を言っているのかわから(ry
月日が経つの早過ぎて恐ろしいですね、いやほんと・・・。

さて、M3も前日と相成りましたが、ここで新譜をご紹介したいと思います。


800_Singularity.jpg

Secret Messenger 12thアルバム
「シンギュラリティ」

M3-2017春(2017/4/30 東京流通センター)第二展示場 【お-11b】にて頒布予定。

イベント価格1,000円 委託はメロンブックス、あきばお~です。

「機械とヒトの邂逅、真実の物語を強くも儚い歌声で描き出す渾身のポップアルバム。
愛、破壊、夢、祈り、様々なカタチを描いた曲により、今までにない未来の世界が現れる。」



今回はSF作品をテーマとしたアルバムとなっています。なぜこのテーマとしたのかというと、とある本を読んでて凄い衝撃を受けた話があって、こういうテーマで作りたい!と思ったのがきっかけです。曲の内容とか歌詞が、割と「この話をテーマにしてるんだな」みたいなところが感じられるかもしれないので、もし、SFとか読んでる人は、想像してみると面白いかもしれないです。曲名とかも結構、本から拝借してたりするので、わかる人はわかるような気がします。

曲自体については、全体的に自分が思う近未来的な格好良さを詰め込んだ形になっています。「格好良い」というのがある種、テーマになってたりします。
歌は今回、5名の方に歌ってもらいましたが、どの方も非常に上手く歌われていて、それぞれ違う表情が感じられ、聴き応えのある感じになっているんじゃないかなと思います。

半年間の結晶として、良いアルバムができたんじゃないかと思いますので、是非、皆様お手にとって頂ければ幸いです!

当日のスペースでは「Disharmony」までの旧作をもっていきますので、欲しい方は、この機会に是非手に入れて貰えればと思います。



今回の春M3では2つ、ゲスト参加しているので、そちらも併せてご紹介です。

eupho_banner.jpg

サークル名:お月さま交響曲(あ-03b)
アルバム名:「造説ユーフォリア」

お月さま交響曲さんのアルバムに一曲提供しております。凄い久しぶりに物語系の楽曲を提供させて頂いたのですが、この凄い面子の中、自分なんかが参加してしまって、果たして大丈夫だろうかという不安に押しつぶされそうになりながら必死に作りました!←
みんなオーケストラ系で来るだろうから、自分はあえて違う系統で勝負しようかな、というところもあり、作ったのですが、私の曲だけなんとなく雰囲気が違う気がします(笑) 狙い通りといえば狙い通りなのですが、とりあえず許してください(土下座

どの曲も凄い壮大でドーンと来る感じで、物語性も凄く、いやもう全体通して普通に凄い作品だと思うので、是非お買い求め頂ければと思います!

main_logo.png

サークル名:けも湯(おー17a)
アルバム名:「極楽温泉けもの湯へようこそ」

温泉ですねぇ、いやぁ、いきたいですね温泉。や、今回、温泉のアイドル向けに1曲書かせて頂きました!曲自体はなんか温泉要素欠片もないというか、結構かっこよさげな感じで作っています。ドラマパートを聞きながら歌も聴けちゃう、凄い楽しいCDになっていると思うので、是非、お手にとって頂ければと思います!
いやぁ、温泉行きたいっすねー、ほんと・・・



以上、今回の自分の参加作品の紹介になります。

それでは、当日、どうぞよろしくお願いいたします!




2週間で更新すると言いつつ、なんだかんだ1ヶ月空いてしまっていたので反省がてら書くことにしました、Yuyです。

3月はM3アルバムの詰めをしつつ、リアル仕事に追われまくっていて、あっという間に終わりそうな感じになってます。いやぁ、ほんと時間経つの早くて恐ろしいですね(遠い目

しかし、仕事が忙しい時ほど「けものフレンズ」が心に沁みるのですが、なかなかヤバイ感じなのかもしれないっす。仕事に疲れてる人がはまるんじゃないの?と友達に言われたりもしたのですが、見てて普通に面白いからそれでいいんじゃー、という主張を展開したところです。はい。
11話はちょっと衝撃でしたね・・・、今後果たしてどう展開するのかがすごい気になって夜も眠れません・・・←

映画は最近は見れてないんですが、今気になってるのは、「ひるね姫」「SAO劇場版」です。これは映画館で観たいなー、観れるかなー、時間的に不安だな(汗

とりあえずあんまり面白いことが書けないので、今度はアルバムの事についてぼちぼち書こうと思います!

ではではー。

Yuy

Author:Yuy
同人音楽の辺りで活動しているYuyのブログです。新譜の情報やなんとなく思ったこと等を書いていきます。